HOME > 米つくり > どんな米つくり

メダカやドジョウやカエル。
そのほか色んな生き物たちと一緒。
稲ワラやもみ殻、ヌカ。
自分の田んぼで得たものと一緒に。
それが私の米作り。
農薬も、化学肥料も、外部の有機肥料も使わない、

焼津発の自然農法です。

私の田んぼは、居心地がいいらしいです。

トンボやバッタが元気に遊んでる。
水中ではメダカやドジョウ、カエルもにぎやか。

空からは鳥が、草を分けて蛇も。

皆が思い思いに暮らして、フンをして、やがて生命を自然に捧げ、
それを微生物がつないで土を豊かにしてくれる。

彼らに負けじと、私も自分の田んぼから生まれた稲ワラやもみ殻、ヌカ、刈り取った草を、この土地の気候風土に合わせた 最適なタイミングで贈って土の栄養を育む。

農薬も、化学肥料も、
そして外部から持ち込む有機肥料使わない米作り。
田んぼそれぞれの地力(個性)を活かす米作り。

そして自然なおいしさを育むお米作り。
その仕上げは、食卓の皆さん。食べてもらって、自然の生態系が完結します。

この米作りなら、生態系や生物多様性を守り、いわゆるエコにも通じる。

ちょっと大げさに言えば、日本の農業のあり方にも、
ひとつの道筋を示すことができる。

それが私の米作りです。

でも、多くの人たちに共感してもらい、食べていただかなければ、このシナリオは成り立ちません。

農家だけでは、メダカ一匹、守ることができないのです。