HOME > 米つくり > どんな米つくりをするの?

栄養豊かで自然な土を作り、
生き物や雑草を味方にし、
元気で強靱な苗を育てる。
簡単に言うと、そういうことです。

田んぼの土に、自然な栄養を。

春の田植え前、誰もが「田起こし」をします。一般的には深く耕して酸素や肥料を取り込みやすくし、また土中のガスを抜いたり、雑草の種を深く埋め込んで無力化する目的があります。僕にとっての田起こしは、前年の稲刈りの時に土に蒔かれた稲ワラ、脱穀後に蒔いたモミ殻、精米の都度出たヌカ、刈り取った雑草などを土に混ぜ込み、それらを田植えの頃に肥料化させるのが目的。そのため田起こしを2度に分け、1回目を1月に行います。静岡の気候に合わせてワラなどを程よく発酵させ肥料化するには、このあたりのタイミングがベストだと経験的に分かってきました。

ただし土の状態は田んぼによって異なるため、田起こしの方法も一律にあらず。 様子を見て少し進んではチェックし、耕す深さ・トラクターのスピード、ロータリーの回転数などを調整します。カメの歩みのようなノロノロ田起こしですが、化学肥料や外部の有機肥料を使わない以上、ここをきめ細かくやらないといけません。春の2回目の田起こしは雑草を刈り、埋め込むのが目的。米ヌカを入れるタイミングは、いま試行錯誤をしています。

ちなみに、僕の田起こしはあまり深く耕しません。
僕の苗は土中に酸素を取り込むように根を張るため、あえて酸素を入れる必要がないのです。
化学肥料やいわゆる有機肥料を使わないからガスもほとんど出ません。
世界中の牛が出すゲップが、意外に多くのCO2を排出するという話、聞いたことありませんか?
じつは田んぼが出すガスもCO2排出量を増大させるため、今、ちょっとした環境問題とも言われているのです。

雑草対策、さらにきめ細かく。

田起こしの後、田植えをする前には、どこの田んぼでも水を張って耕す「代掻き」をします。田んぼを平らにして苗が均一に育つようにしたり、根付きが良くなるようにしたり、雑草を埋め込んで伸びてこないようにする目的があります。基本的には僕も同じ目的で代掻きをしますが、農薬を使わないため、雑草対策をより周到に行います。

たとえば雑草は埋め込んだ方がいいタイプと、むしろ水に浮かせて枯らした方がいいタイプがあります。それを見極め、浮かせたい場合は水を多めに。深く埋め込みたい場合は水を少なめにして混ぜ込み、さらに表面を軽く混ぜて、土の上辺にトロトロした層を作ります。雑草が出てこないように、トロトロ層でフタをする感じです。

雑草が多いと水や土の栄養分が稲に行き渡らず、虫を過剰に招き、風通しや日当たりも悪くなってお米の品質が低下。雑草対策はとても大事な作業です。 それでも雑草の完全壊滅はできず、日々雑草刈り。無農薬である以上、避けて通れない宿命です。ただし、年々生えにくくなってはいます。逆に、新たに手がける田んぼは、同じ対策を施しても雑草が多い。やはり地道に続けることが大事なのです。

雑草を残して、虫の棲み家を作る、という発想。

7月頃以降は畦の雑草を5cm程残します。
この時期の雑草は種を飛散させませんし、何より虫の棲み家になるのです。
いわゆる害虫が稲に付くのは、除草剤で雑草を壊滅させることが要因のひとつ。
それで虫が出ると駆除の薬を使う悪循環….。
除草剤を使わずに雑草を少し残せば、そこにいわゆる害虫が棲み、バッタや蜘蛛もやってくる。
するとカエルや鳥が喜ぶ。そして虫のフンや死骸が自然な肥料に。害虫も自然の生態系に取りこめば、ある意味益虫。悪循環を好循環に変えられるのです。